ランニンググッズ

ランニング用スポーツサングラスのおすすめ!おしゃれで人気なのはどれ!?

ランニング(マラソン)でサングラスをかけるランナーさんが圧倒的に多いですよね。

私自身も走り始めて2ヶ月くらいの超・初心者の頃に、人気ブランドのオークリーのサングラスを購入し、今現在(ラン歴1年半)も同じものを愛用しています。

いざサングラスを購入しようと思っても、種類が多過ぎてどれを選べばいいのか迷ってしまいませんか?

そこで今回はランニングサングラスの必要性や効果、選び方や人気ブランドについてまとめてみました。

ブランド別にサングラスの特徴や人気商品も紹介していきます。

ランニング中にサングラスをかけるメリット・効果・必要性

ランニング中にサングラスをかけると見た目がかっこいい!!

これ、絶対にありますよね\(^o^)/

見た目がかっこいいだけではなく、サングラスをかけることによるメリットは他にもたくさんあります。

メリットや効果を知った上で、サングラスの必要性をヒシヒシと感じてください(^_^)

紫外線から目を守る

日焼け対策はしているものの、目はノーマークというランナーさんもいるかもしれません。(そもそも、日焼け対策すらしてない方も案外多いのかな…(;^ω^))

肌をしっかり守っていても、目から紫外線が入ってくるとメラニンが作られるので、肌が焼けてしまったり、シミの原因にもなります。

なづなこ
なづなこ
日焼けによる肌ダメージは、数年後 確実に表れます。今は大丈夫でも5年後、10年後にふと気付いたらシミが…なんてことになり兼ねません( ;∀;)

私の普段の日焼け対策については、以下の記事にまとめています。

ランニングの日焼け対策!練習で愛用中のアイテムをご紹介♪女性ランナーさんで日焼けを気にされる方も多いと思います。 私も例外ではなく、NO日焼け!日焼け厳禁!派です。 日々の練習…ま...

ホコリや虫から目を守る

走っていると小さな虫が目の中に入ってきたりしませんか?

夏場の早朝とか夕方に走っていると、小さな虫の集団に出くわすこと、ありますよね。で、なぜか走ったらついてくるという・・・( ̄д ̄)

サングラスをかけていれば、虫の攻撃からも目を守ることができます。

また、目に見えないホコリや小さなゴミも、サングラスをかけることによって防げます。

眩しさを軽減する

日差しがガンガン照っている中でのランニング。気付かないうちに目に疲労が溜まります。

目が疲れてくると、体全体の疲労感も徐々に蓄積されていきます。

サングラスをかけることで疲れが軽減され、ランニングのパフォーマンス向上にも繋がります。

見やすさを調整する

上記と重複しますが、日差しが強いと視界が見えづらい…なんてこともありますよね。

サングラスで日差しをカットすると、視界が広がり、ストレスなく快適に走れます。

集中力を高める

サングラスをかけることで“走ることに集中できる=気が散らない”というメリットもあります。

集中して走っているつもりでも、知らず知らずのうちに目からいろんな情報が入ってきます。

サングラスをかけていらない情報を遮断することで、走ることにより集中できます。

あと…目元が隠れていると、なんとなく安心感がありませんか?

サングラスで自分の視線を隠すことで、不安やドキドキで入り混じったレース中の“緊張をほぐす効果”も期待できます。

ファッション性を高める

さまざまなメリットのあるランニングサングラスですが、機能面だけではありません。

冒頭でも言いましたが、かけていると“見た目がかっこいい!!”これもありますよね♪

あと個人的には、オールスポーツの写真の見栄えをよくする効果もあると思っています。

サングラスをかけていると、ヘロヘロ&グッタリ疲れた表情を隠すことができますからね(笑)

ランニング用サングラスのレンズの特徴と機能

サングラスのレンズは、カラーバリエーションが豊富ですが、いったいどんな色を選べばいいのでしょう。

私もそうだったのですが、ついつい見た目や好みだけで選んでしまいがちですよね(^_^;)

でも、レンズには種類もあるし、天候や時間帯によって適した色があるのです。

レンズの種類

サングラスのレンズには偏光レンズと調光レンズがあります。

偏光レンズの特徴

レンズとレンズの間に偏光膜を挟んでいて、地面の照り返しや眩しさ、水面の反射光をカットする機能があります。

強烈な光をシャットダウンし、自然光のみを通すので、視界に入る景色や物の色調を損なうことがなく、視界がクリアになります。

調光レンズの特徴

紫外線が当たるとレンズの色が濃くなります。

紫外線の量に応じてレンズの濃度が変わるため、屋内や夜間など紫外線に当たらないシーンでは透明に戻ります。

曇っていても晴れていても、昼間でも夜間でも、屋内でも屋外でも・・・いかなる場合でも万能に使えるサングラスレンズです。

可視光線透過率とは

可視光線透過率とは、目に見える光をレンズがどれくらい通すのか?という指標です。

可視光線透過率が大きいほどレンズの色も視界も暗くなり、日差しが強い日に適しています。

反対に可視光線透過率が低ければレンズの色も視界も明るくなり、雨天や曇り、夜間の利用に適しています。

天候に関わらずオールマイティーに利用したい場合は、可視光線透過率20~40%のレンズがおすすめです。

また、レンズ交換できるサングラスもあり、中には複数のレンズが付属しているものもありますよ。

参考サイト:GDOゴルフショップ

レンズカラー

レンズカラーは暖色系から寒色系までさまざまで、天候によってそれぞれ適したカラーや濃度があります。

  • 晴れ・・・黒っぽい濃いめのカラーが◎
  • 曇り雨・・・薄めのカラーが◎
  • 夜のみ使用・・・透明でOK

暖色系は曇りや日差しの強くない夕暮れ時、寒色系はガンガンに日が差している日中に適しています。

レンズ交換できるタイプのサングラスで、天候や時間によってレンズを使い分けるのが一番の理想ですよね。

あとは紫外線の量によって色が変わる調光レンズも便利ですね♪

レンズの形状

ランニングサングラスのレンズには、1枚レンズと2枚レンズがあります。

1枚レンズ

2枚レンズ

1枚レンズの方が視野が広いと言われているので、お店で試着して視界を確認してみるといいかもしれません。

機能性の問題より、似合う・似合わないの方が重要かな!?と個人的には感じます(^_^;)

私が使っているサングラスは2枚レンズです。(完全に見た目・デザインの好みで選びました^^)

ランニング用スポーツサングラスの選び方

いろんなメーカーからたくさんのランニングサングラスが販売されていますよね。

どれを選んでいいか迷ってしまう…という方も少なくないと思います。

なづなこ
なづなこ
いろいろあり過ぎて迷ってしまう場合は、好きなブランドに絞って、そこからデザイン性(見た目の好み)や機能性を兼ね備えているものを選んでみてください。

UVカット機能

紫外線から目を守るためにも、サングラスを選ぶ際には必ずUVカット機能を確認しましょう。

UVカット機能については“紫外線透過率〇%、UVカット〇%”といった表記があります。

ランニングサングラスであれば、たいていUVカット機能は搭載されていますが、念のため、これらの表記を確認しておきましょう。

目安として、紫外線透過率0.1%以下、UVカット99.9%以上のサングラスが適しています。

参考サイト:メガネスーパー

サイズ・フィット感

本来なら自分の目で見て、手に取って合わせてみるのが一番ですが、ネット通販で購入される方も多いですよね。

その場合は実際に使っている人の口コミ・使用感を見てみましょう。

フレームやノーズパットにゴムなど柔らかい素材を使っているものの方がフィットしやすく、走る時の負担になりづらいです。

重量

ランニングサングラス自体、軽い作りになっているので、そこまで神経質に考える必要はありませんが、長時間かけて走っていると ほんの少しの重さの違いでも負担になる場合があります。

気になるサングラスが複数あれば、重量を比較してみるといいかもしれませんね。

デザインの好み

ひと言にサングラスといっても、フレームの形やレンズの色・大きさなど、デザインがまちまちですよね。

ネット通販だと、どうしても写真のイメージだけが頼りになってしまいますが、ネットで買う場合でも できれば店頭で実際に合わせてみるのが一番です。

機能性はどうなのか?を確かめた上で、見た目やフィット感がしっくりくるものを選んでみてください。

通気性

意外と盲点なのが通気性です。

サングラスなのに通気性!?と思われがちですが、お洒落目的のファッションサングラスと違って、ランニングサングラスは通気性も大事です。

通気性のないサングラスをかけて走っていると、レンズの内側に熱がこもってしまい、曇りの原因になります。

お店で購入する場合は、店員さんに通気性に問題ないかを確認。ネットで購入する場合は、商品説明の機能や口コミをチェックしてみてください。

レンズ交換できる・できない

レンズ交換できるタイプとできないタイプのサングラスがあります。

交換可能なものは、天候や時間帯によって使い分けできますし、レンズに傷が入った場合でもフレームだけ残して交換することができますよ。

値段が安いサングラス

走り始めたばかりの初心者ランナーの場合「まずは試しに安いスポーツサングラスを・・・」という考えもあると思いますが、長く使いたいなら有名ブランドのサングラスがおすすめです。

私自身はオークリーしか使ったことがないのですが、おしゃれ感覚で5,000円以下の安いサングラスを買って走ってみると、ズレるしやっぱり安いなりだった・・・という知人の話も聞きます。

近視や遠視の人は度付きサングラスがおすすめ

近視や遠視で普段、メガネをかけている人には度付きサングラスがおすすめです。

人気ブランドで度付きレンズを扱っているところも多いので、チェックしてみてください。

ランニング用サングラスの寿命

ランニングサングラスは綺麗に使っていればいつまでも使い続けることができるのかというと、そうではありません。

見た目が綺麗だと、ついつい買い替えが億劫になってしまいますよね。

レンズ機能の低下

いくら新品同様でもサングラスの寿命は5年程度だと考えてください。

レンズには紫外線吸収剤(UVカット)が使用されていますが、紫外線を吸収するにも限界値があります。

使用頻度にもよりますが、5年ほどで機能が低下していきます。

フレームの劣化

レンズだけではなくフレームにも寿命があります。

劣化すると黄ばんできたり、白く濁った色になったり…見た目の変化が顕著です。

レンズは見た目だけでは判断しづらいですが、フレームの状態を見て交換時期のタイミングを見計うというのもありですね。

ランナーに人気のランニングサングラスブランド9選

ランナーに人気のサングラスブランドの特徴や商品についてまとめてみました。

オークリー(OAKLEY)

アメリカ生まれのアイウェアブランドのオークリー(OAKLEY)は、ゴルフやテニス、陸上、釣り、スノボなど、さまざまなスポーツで愛用者の多い人気ブランドです。

スポーツサングラスの代表格といっても過言ではありません。

アジアンフィットのタイプは日本人の顔にも対応しているので、装着感は抜群です。

オークリー レーダーロックパス プリズム

オークリー ジョウブレイカー

オークリー フラック2.0

スワンズ(SWANS)

オークリーに次ぐ人気ブランドのスワンズ(SWANS)

ランニングをはじめ、ゴルフや釣り、アウトドアなど、さまざまなスポーツにおいて愛用者が多いです。

日本製で日本人の輪郭に合わせて作られていて、国産ブランドにこだわりたい人にも多く選ばれています。

スワンズ エアレス リーフフィット

スワンズ ルナ

スワンズ ストリックス エイチ

アディダス(adidas)

アパレルやシューズのイメージが強いアディダス(adidas)ですが、こちらもさまざまなスポーツ向けにサングラスのラインナップが取り揃えてあります。

レンズの種類が豊富で、フレームが軽量且つ、耐久性や換気性も抜群で、プロアスリートからも支持されています。

アディダス A185 01 6054 adizero tempo

アディダス アイウェア ランニング アディゼロ

アディダス a170 01 6056 adizero L Q01265 NS

ナイキ(NIKE)

スポーツ用品の人気ブランド、ナイキ(NIKE)

サングラスにもスタイリッシュなナイキマークが施されています。

独自のレンズを開発していて、他のスポーツサングラスに比べて歪みなくクリアな視界が広がるのが特長です。

ナイキ ハイパフォーマンス HYPERFORCE R マットオブシディアン EV1029-464

ナイキ スカイロン SKYLON ACE XV PRO R AF EV0898-006 27382

ナイキ スカイロン SKYLON ACE XV R AF EV0895-003 27379

アシックス(asics)

日本メーカーの人気ブランド、アシックス(asics)

10,000円程度~お手頃価格のサングラスが多く、国内ブランドで日本人にフィットしやすいのが特長です。

Rawlingsローリングス 偏光レンズサングラス s18s4grn

Rawlingsローリングス 偏光レンズサングラス s18s1bl

レオッティ(LEOTTI)

日本で企画し日本人に合ったフレームを開発しているレオッティ(LEOTTI)

日本人仕様に作られているのでズレにくく、とにかく軽いのが特長です。

高品質なサングラスなのに、お手頃価格なのも魅力です。

今回、この記事を書くにあたって TwitterのフォロワーさんでもあるLEOTTIさんに、LEOTTIのおすすめサングラスと特長について教えていただきました。

LEO-02SMK

ベーシックなスモークレンズで、クリアなスペアレンズも付属しています。

撥水加工のレンズで水や汗を弾くのはもちろん、汚れがつきにくく取れやすいのが特長です。

LEO-02REVO

ミラーレンズでSMKと同じくクリアのスペアレンズが付属していて、レンズは撥水加工です。

LEOTTI ferro【鯖江製レンズ使用】

少し色の薄いブラウンのレンズで、どんな天候でも使える万能サングラスです。

曇りの日でもバッチリ使用できます。

偏光機能もあるので晴れの日の日差しや乱反射を抑えます。

お話を伺っていると、LEOTTIさんのサングラス愛がヒシヒシと伝わってきました(^_^)/

こんなに愛されて作られているサングラス。きっといいものに違いありません。

付属のレンズとの付け替えについては、添付の説明書で分かりやすく説明してあって、コツを掴めば簡単に脱着できるそうですよ。

フィラ(FILA)

イタリア生まれのフィラ(FILA)は、人気ブランドでありながら10,000円以下とリーズナブルなサングラスです。

フィット感に優れていて、長時間着用しても疲れないのが特長です。

フィラ プチプラ FLS 4007

フィラ サングラス ミラーレンズ アジアンフィット FILA FLS 4004

ゾフ(Zoff)

眼鏡メーカーでも知られているゾフ(Zoff)

デザイン性が高く、日本人の顔にフィットしやすいのが特長です。

付属のレンズが複数枚セットになっているものもあり、天候に合わせてレンズ交換が可能です。

こちらも10,000万円以下のお手頃価格で購入できます。

Zoff ゾフ スクエア型スポーツサングラス

グダー(Goodr)

ロサンゼルス生まれのサングラス、グダー(Goodr)

ファッション性が高く、カラーバリエーションが豊富です。

4,000円~6,000円で手に入るリーズナブルなサングラスで、機能性よりお洒落にこだわりたい人におすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天イーグルス goodrサングラス #9オコエ瑠偉
価格:5555円(税込、送料別) (2019/10/4時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天イーグルス goodrサングラス #7辰己涼介
価格:5555円(税込、送料別) (2019/10/4時点)

私が使っているランニングサングラス

私が実際に使っているのはオークリーの“OAKLEY FLAK DRAFT OO9373-0670”です。

これが初めて買ったサングラスで、他を使ったことがないので比較ができないのですが、さすがオークリー!!

走っていても全くズレません。

ピッタリフィットするけど窮屈な感じもしなくて、まるで何もつけずに走っているかのようです。

まさに快適\(^o^)/

もともとオークリーで購入しようと思っていたので、他のブランドとの比較なしで、オークリーの中からデザインとレンズの色で決めました。

機能性がどうのこうの言ってる割に、なんだかんだ見た目重視な私(^▽^;)オーロラのようなお洒落なレンズカラーが決め手でした。

オークリーならどれを選んでも機能性には問題なしかな!?と思ったのもあります。

女性っぽいデザインを選んだつもりですが、実際かけてみるとちょっといかつい感じ!?

いや、いかつい・・・というか、怪しい!?!?格好が(笑)

レンズ交換できるタイプなので、機会があれば他の色のレンズも試してみよう♪

【まとめ】ランニングサングラスのおすすめ

ランニング用スポーツサングラスの効果やメリット・機能性がわかれば、後は自分に合ったお気に入りのサングラスを見つけるのみ!ですね。

なづなこ
なづなこ
個人的にはサングラスを専門で扱っているスポーツブランドであれば、機能性は問題なしかな!?と感じます。

ランニングサングラスといえばオークリーというイメージが強かったので、私はオークリーを選びましたが、今回いろんなブランドのサングラスについて調べてみると、魅力的なものが多く、使ってみたいと思えるものもたくさんありました。

あとは、私が使っているオークリーのサングラス。せっかくレンズ交換できるタイプなので、他の色のレンズも試してみたいですね♪

サングラスの寿命は5年程度…ということなので、今既にサングラスを愛用されている方も、交換時期がきたら複数の商品を比較して、ベストなものを選んでみてください(^_^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です