ランニングあれこれ

ランニングによる股やワキの黒ずみをクリームで解消した口コミ

実は…ランニングを始めて一番の悩みがあります。悩みといってもランとは実質関係ないことですが、女性ならではと言いますか…これがかなり切実です(涙)

なんとなく恥ずかしくて人には言いづらい悩みなのですが、、、股やワキに近い二の腕など、皮膚の柔らかい部分の“黒ずみ”が気になるんです。

ズバリ!黒ずみをスッキリ解消させる方法があります。それは黒ずみ対策クリームを使ってスキンケアすること。

※私が黒ずみを解消したクリームを先に見てみる

厄介な黒ずみ…原因はコレだ!とわかっています。




股やワキの黒ずみの原因

普段のラン、10km程度の短い距離の練習なら問題ないのですが、ロング走をするとほぼ必ずといっていいほど、タイツやアームカバー等のウェアが皮膚の柔らかい部分に擦れて傷になってしまうんですよね。

お風呂に入っても「あいたたた・・・」って染みるくらい( ;∀;)

2~3日で炎症が治まって、痛みもなくなるので あまり気にしていなかったのですが・・・

ふと自分の身体を見た時に、ビックリ!傷跡が色素沈着して、黒ずみがかなり目立つことに気付きました(゚Д゚;)

皮膚の柔らかい部分なので余計そうなりやすいんでしょうね。それプラス、年齢を重ねて皮膚のターンオーバーが追い付いていないのも原因なんだと思います。

実際、ケガした時の傷の治りも遅いし。春先にあった娘の運動会、親子二人三脚で転げた時の傷もいまだに黒ずみとなって残っているという…(;´Д`)

こういう時、年取ったなぁ・・・と感じますね。

※本当に効果のあった黒ずみクリームを先に見てみる

加齢によるターンオーバーの遅れ

もっと若い頃…極端に言えば子どもの頃は、転んでケガをしても すぐにカサブタになって、元の綺麗な肌状態に戻っていました。黒ずみなんて気にしたこともありませんでした。そんなの気にする小学生、いませんよね。

年を重ねると血行不良や代謝不良を引き起こし、徐々にターンオーバー(肌の新陳代謝)の周期が遅れるため、肌が元の状態に戻るのに時間がかかってしまいます。

アラフォーの私。漏れなくターンオーバーが減速しています( ;∀;)

今の私の肌状態

ロング走で擦れた傷跡が黒ずんで治らないまま、また次のロング走で擦れて黒ずみができる・・・この繰り返しで色素沈着が進んでしまって黒ずみがますます気になるという悪循環。

これは放っておいても治るどころか、黒ずみがドンドン加速するだけ!ってことに気付きました。

黒ずみ対策のクリームを使ってみた口コミ

ワキに近い二の腕は、ノースリーブで腕を上げると思いっ切り見える箇所です。見た目、かなりイケてませーん。

夏場、ノースリーブ着てる時は腕を上に挙げないように気を付けていました。せっかく脱毛してキレイなワキなのに、こんなの悲し過ぎる(;´Д`)

こんな感じでドス黒くて、汚い(゚Д゚;)

さすがに股は写真を載せることはできませんが、同じような感じ…もしくはもう少し重症です( ;∀;)

しばらく様子見しても一向に改善される気配なし。

ロング走で擦れる度に黒ずみが増してくるし、ちょっと焦りを感じて・・・黒ずみ対策用のクリームを試してみることにしました。

イビサクリームを3ヶ月間使ってみた感想・効果

私が黒ずみ対策で使ったのはイビサクリームです。

インスタでも話題になっていて、実は前から気になっていたクリームです。

デリケートゾーンやワキ、顔など皮膚の柔らかい部分だけじゃなく、膝やひじなど全身に使えるのもいいな♪と思っていました。

ちょうど3ヶ月間、イビサクリームを使ってみました。

毎日、朝ラン→シャワーの後に1回、夜のお風呂上がりに1回、1日2回 黒ずみが気になる箇所に塗ってみました。

サラっとしたテクスチャーで軽い!

肌にスーッと馴染んでいく感じ。ベタつきは全くありません。

数回塗っただけでは効果が出ないことはわかっていたのですが、始めたのが薄着になる夏前だったので ちょっと焦りを感じていました。

時々、チェックするも なかなか黒ずみが改善されない・・・

でも 継続は力なり!なんですね( •̀∀•́ ) ✧

2ヶ月経ったくらいから「あれ?黒ずみが薄くなった!?」と感じるようになり、3ヶ月経つ頃には完全に元の綺麗な肌状態に戻っていました。

【3ヶ月使ってみた結果】

即効性はないものの、さすが口コミでも評判の黒ずみクリームだけあって、確実に黒ずみは薄くなって ・・・というか、全く気にならない状態にまでなりました。

せっかくキレイになったし、もう黒ずみはゴメンだぁ・・・ということで

最近は、ロング走の前に 擦れて傷になりやすい箇所にあらかじめワセリンを塗って、新たに黒ずみを作らない対策をしています(`・ω・´)キリッ

股の方は若干まだ黒ずみが残っているので、肌ケアも兼ねて今後もコンスタントにイビサクリームを使ってみます。

イビサクリームのいいところは、定期購入すると最大30%OFFで買えるところ。

もういいかな~と思ったら、いつでも気軽に解約できるのも良心的ですね。

私はもう少し継続して使ってみます\(^o^)/

>> イビサクリームを詳しく見てみる

黒ずみに効くイビサクリームの成分

イビサクリームは皮膚の柔らかい部分にも使える&敏感肌の人でも使える低刺激の黒ずみクリームです。

医薬部外品として「安全性の高さ」「効果」について厚生労働省から認められています。

イビサクリームの全成分

どのような成分が使われていて、肌にどのように働きかけるのか?

イビサクリームに使われている主成分やその他の成分について調べてみました。

イビサクリームの全成分

<有効成分>トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K
<その他の成分>BG、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ポリアクリルアミド、メチルフェニルポリシロキサン、軽質流動イソパラフィン、POE(7)ラウリルエーテル、党参抽出物加水分解液、油溶性甘草エキス(2)、ローズ水、ウメ果実エキス、大豆エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、アルピニアカツマダイ種子エキス、サクラ葉抽出液、カモミラエキス-1、水添大豆リン脂質、オウゴンエキス、乳酸Na液、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、フェノキシエタノール

有効成分のトラネキサム酸・グリチルリチン酸2Kの効果・効能はこんな感じ。

厚生労働省から医薬部外品認定のトラネキサム酸

トラネキサム酸は効果の高い美白成分として厚生労働省から医薬部外品認定されています。

黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を抑制、炎症を抑制する効果が期待できます。

生薬「甘草」の抗炎症成分 グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kは、ニキビケア・敏感肌化粧品にも使われている成分で、炎症やアレルギーを抑制する効果が期待でき、健やかな肌へと導きます。

イビサクリームはデリケートゾーンや顔など全身に使える

私はワキに近い二の腕や股の黒ずみが気になって使い始めましたが、イビサクリームは全身に使用できます。

VIOのデリケートゾーンや顔にも使えます。

シミやそばかす、くすみが気にならなくなったとの口コミも多くて、数ある黒ずみクリームの中でも万能選手といった印象ですね。

ひざにも使ってみた

もともと黒ずみが気になっていた部位はワキに近い二の腕と股なのですが、全身に使えるということで、少し黒ずみが気になる膝にも使い始めました。

膝って、足の他の箇所と少し色が違いませんか?これも加齢のせい!?イビサクリームで改善できるといいな。

ボディクリームと違って、ちょっともったいなくて(笑)思いっ切り塗りたくることはできないけど、黒ずみが気になる部位にポイント的に塗って、スッキリ解消できるといいな♪と思います。

欲を言えば、、、もっと豪快にガシガシ使えるくらいのお値段だといいのになぁ(・∀・)

とはいえ、これでキレイになれるなら安いもんです。

今後も定期購入で継続して使っていきます。ひざの変化など、また新たな気付きがあれば追記しますね。

>> 【公式】イビサクリーム30%OFFはこちら

黒ずみクリームの選び方

黒ずみ対策用のクリーム、いろいろあるのでどれがいいのか…迷ってしまいますよね。

楽天やAmazonを見てみると、中には2,000円程度で購入できるものもあります。

ただ、配合されている成分を調べてみると、安いクリームには 黒ずみに働きかける有効成分が含まれていないものが多いです。

安かろう悪かろうで、せっかく買っても効果なしだと意味がないですよね。

そこで、黒ずみクリームを選ぶ時のポイントをまとめてみました。

厚生労働省認可の美白成分が含まれている

黒ずみクリームを選ぶ時に、まず最初にチェックしたいのが、厚生労働省認可の美白成分が含まれているかどうか。

厚生労働省認可の美白成分
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン

トラネキサム酸・ビタミンC誘導体・アルブチンは美白成分の中でも、肌への負担が少ないものばかりで、厚生労働省お墨付きの成分です。

上記のいずれかを含んでいるもの=医薬部外品であれば 高い美白効果が期待できます。

イビサクリームにはトラネキサム酸が配合されています。

添加物が含まれていない

黒ずみ=皮膚の柔らかい部分に使うので、肌に優しいのが一番です。

イビサクリームには「香料」「着色料」「鉱物油」「アルコール」「パラペン」といった化粧品に使われることの多い添加物が含まれておらず、赤ちゃんの肌にも使える低刺激のクリームです。

外部の刺激から肌を守るクリームタイプ

肌の乾燥も黒ずみを進行させる原因のひとつです。

黒ずみ対策には、たっぷり保湿できるクリームタイプで、保湿成分が配合されているものがベストです。

イビサクリームにはBG・グリセリンという有効な保湿成分が含まれています。

購入しやすい価格かどうか

黒ずみクリームは、即効性があるものではありません。

1~2回塗って効果が出るものではなく2ヶ月以上、長期的に使用する必要があります。そうなると、無理なく購入できる価格帯がいいですよね。

かといって“安い=効果なし”では意味がないので、配合されている有効成分と価格をチェックしてみて「これならしっかり黒ずみケアできて、継続できそう!」という費用対効果が高いものを選びましょう。

効果のある黒ずみ対策クリームは平均1万円程度しますが、定期購入やまとめ買いによって5,000円前後で購入できるものもあります。

イビサクリームも定期購入による割引が利いて、4,900円で購入できますよ。

>> 【公式】イビサクリームの割引の詳細はこちら

クリーム以外の黒ずみケア方法

黒ずみクリーム以外で黒ずみケアする方法として、美容外科や皮膚科でのレーザー治療があります。

色素沈着した部分にレーザーを当てて白くする方法で、黒ずみを解消する効果は高いのですが、痛みを伴うのと価格が高いのがデメリットです。

一時期私も検討しましたが、施術後に白斑やシミができるリスクもあることを知って、こわくなってやめました。

肌の黒ずみをキレイにするなら黒ずみクリームがおすすめ

確実に手っ取り早く黒ずみを治すならレーザー治療という方法もありますが、コストがかかるのと痛みが伴う、更には術後のリスク(白斑やシミ)が気になります。

その点、黒ずみクリームならボディークリームで肌ケアする感覚で気軽に使えて、2~3ヶ月使用すれば確実に黒ずみは改善されます。

時間がかかるといっても、たかが2~3ヶ月。実際に私も3ヶ月でキレイな肌状態に戻りました。

  • レーザー治療は即効性があるものの、デメリットが大きい
  • 黒ずみクリームならお手軽かつ安全に改善できる

安心安全でお金をかけず・・・となると、やっぱり黒ずみクリームがベストかなと思います。

できるだけコストをかけず、確実に快適に黒ずみをキレイにしたい人はイビサクリームを試してみてください。

実際に使ってみて、どうしても合わないという場合は 28日間の返品&返金保証があるから安心ですよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です